記念品はどんなものを選べばいいのか?

お世話になった方に贈る記念品選びでお困りの方は、ネット注文してみましょう。 - 記念品はどんなものを選べばいいのか?

記念品はどんなものを選べばいいのか?

お世話になった人に贈る記念品は悩んでしまうことが多いです。良く知っている人であれば、気兼ねなく送ることができますが、定年退職を迎える上司や、それほど親しくはないけれど送っておいた方が良い人の結婚祝いなど困ることが多いです。また独特なマナーもありますので、それを含めて無難な解決が求められます。

無難な選択をするようにしよう

yjtdyjdt
基本的にどんなシーンにも無難な選択ができることがあります。たとえば上司の退職の記念品であれば、旅行券や商品券は無難な選択ができます。喜ばせようとして、以前上司が話をしていた趣味についての商品を選び送ろうとしても、必ず喜んでもらうとは限りません。もしかしたら趣味を辞めている可能性もあります。
贈る側としては喜んでほしいために力が入ってしまいがちですが、そうなると逆に貰う方が困ってしまうこともあることを、頭の片隅に入れておくべきです。無難な選択の記念品こそが、喜ばせる第一歩になります。

無難な選択方法

記念品を贈るためのサイトなどがありますので、それを参考にすると良いです。多くの人がそれを参考にして送っていますので、失礼にあたるものではなく無難な選択をすることができます。シーンによっては送ってはいけない記念品がありますので、それを避けるというのは大きな使命です。
だからこそ無難な選択が重要です。まずはシーンによって送っても失礼にあたらないものから選んでいくと、無難な選択ができるようになるでしょう。

お祝い事には適さない記念品がある

基本的なお祝い事で送らない方が良いとされる記念品があります。日本茶と櫛とハンカチです。日本茶は弔辞に出されることが多いですので、お祝い事には不適切とされています。また櫛は「苦と死」を連想させ、ハンカチは手切れを連想させ「もう会いたくない」という意味を持つとされます。
日本茶はそんなにないように感じますが、櫛は女性に送ってしまいそうですし、またハンカチは代表的な誰でも貰って困るものではないような品物です。一応、お祝いには不適切な品物になっていますので、記念品として贈るには避けた方が無難です。慣習を知らないと言われるのも、贈る側としては納得できませんので、余計なトラブルは避けておきましょう。

情報収集こそが喜ばれるカギ

「どんなものを選べばいいのか?」は情報収集から始めるものです。たとえそんなに知らない人であっても、他の人にアプローチしていけば、必ず対象者と密接にかかわっている人を見つけることができるはずです。そんな人にどんなものを好むのかを情報収集すると良いです。
喜ばせたいのであれば、そのくらいの努力が求められます。せっかくなので喜んでほしいのであれば、情報収集をして対象者が好むものを見つけて贈るのも良いですし、それほど力を割かなくて無難な記念品を贈るのも間違いではありません。

力まないように

記念品だから喜ばせようと張り切らないことをおすすめします。良かれと感じたものが、贈りたい人にとってみれば、必要ないものにもなってしまいます。だからこそ無難な選択をして、送ってはいけない品物を知り、比較的喜んでもらうことができる無難な記念品を選ぶと良いでしょう。
旅行券や商品券、選べるギフトセット、置き時計やマグカップやお茶碗など、無難な選択な品物があります。自分のセンスを誇示する場所ではなく、あくまでも邪魔にならず喜んでもらえそうな記念品を選ぶようにしてください。
神奈川県横浜市の記念品ネット販売記念品オンライン
https://www.kinenhinonline.com/

Copyright(C)2016 記念品はどんなものを選べばいいのか? All Rights Reserved.